いたばし介護者支援サロンのブログ

ご家族の介護をしている方のサポーターを目指しています! 語り合う事で心や体を元気にしませんか?

次回サロンのご案内 9月8日(土)14時~17時

f:id:itabashikaigosyasien:20180902145136j:plain 

 

カレンダーをめくるとなんだか急に夏が去ってしまった錯覚になります。

本当に暑かった夏は今近づいている台風の影響で一旦、影を潜めているだけなのですが少しホッとしますね。

 

みなさまの介護生活は順調でしょうか?

 

暑いというだけで体力は奪われ、のど越しの良いものばかりを簡単に食べてばかりいると栄養不良になってしまいます。

 

そんなことが夏バテの原因にもなっていますので、今こそ規則正しい生活を送ってくださいね。

 

介護者が体調を崩してしまうと介護されている方は不安で一杯になります。

 

みなさまの中に認知症を患っている方の介護をされている方も多いかと思います。

 

医療機関で診断と治療を受けていても日々色々な事が起こり、目が離せなくなっていらっしゃるかもしれません。

 

竹内孝仁先生は、認知症を脳ではなく、老いや障害に直面した時の反応だと分類して「葛藤型」「回帰型」「遊離型」と名付けられています。

本で知り、なるほど、と思いとても納得できたことがありました。さらに、混合型があると書かれて、相手を知ることで対応策が見えてくることがよくありました。

みなさまもそんな視点から向き合うことで、今困っていることがうまく解決して少しでも楽な介護のヒントが見つかるとよいのですが。

 

さて、今月のサロンの日が近づいてきました。

 

2か月ぶりですので楽しい茶話会にできたらと思います。

 

 

次回サロンのご案内   

98日(土) 14時~17時   

サロンの場所:上板橋駅南口商店街 まもりん坊ハウス(板橋区上板橋 1-26-8)

      東武東上線上板橋駅南口徒歩2分(改札を出て商店街左側です)

参加費:無料

対象:介護に携わっている方・介護に関心のある方。

内容:介護についてゆったりと気楽にお話しながら情報や意見交換します。

(簡単なお茶菓子も用意してあります。)

★お待ちしています!★

問合せは、尾門(いたばし介護者支援サロン代表)

TEL:090-7198-9754

Email : mokamimokami☆yahoo.co.jp

  (☆を@に変えてください)

 

 

8月のサロンはお休みします

f:id:itabashikaigosyasien:20180805123959j:plain 

 

 

暑中お見舞い申し上げます。

 

猛暑日が続き一日を過ごすことが大変な状況です。

みなさまの介護生活は順調でしょうか?

 

冷房の温度設定の事でよくご質問を受けるのですが、部屋の広さや日当たりによっても違うのですが、温度湿度計を用意してまずは部屋が何度なのかを知ることです。

普段過ごしている居間と台所やトイレでは温度差があるものです。

 

室温が28度ぐらいになるように冷房を付けて、涼しいなと感じたら

除湿に切り替えるとうまくいくようです。

夜間でも止めることなく使い続けてください。

 

そして、冷え過ぎだなと感じたら、消すのではなくふすまや窓を少し開けることで調整をしてください。

 

冷房器具は機械なので付けたり消したりを繰り返すと負荷がかかり故障の原因になります。

 

それから、涼しくて安心ですが、当然皮膚から水分が奪われますので喉が渇いていなくても定期的に補給する必要があります。

スポーツドリンクや麦茶、水などを組み合わせてください。

 

さて、8月のサロンはお休みしますのでお間違えの無いようお願いします。

9月にみなさまとお話しできる日を楽しみにしています。

電話やメールでのご相談は随時受け付けています。

お気軽にご連絡ください。

 

次回サロンのご案内   

98日(土) 14時~17時   

サロンの場所:上板橋駅南口商店街 まもりん坊ハウス(板橋区上板橋 1-26-8)

      東武東上線上板橋駅南口徒歩2分(改札を出て商店     街左側です)

参加費:無料

対象:介護に携わっている方・介護に関心のある方。

内容:介護についてゆったりと気楽にお話しながら情報や意見交換します。

(簡単なお茶菓子も用意してあります。)

  • 8月はお休みします、電話やメールでのご相談はいつでも
  • 受付します。(サロンは第二土曜日の14時~17時に開催しています)

 

★お待ちしています!★

問合せは、尾門(いたばし介護者支援サロン代表)

TEL:090-7198-9754

Email : mokamimokami☆yahoo.co.jp

  (☆を@に変えてください)

次回サロンのご案内 7月14日(土)14時~17時

f:id:itabashikaigosyasien:20180703214144j:plain 

 

 

すでに真夏日が続き、暑い夏が始まってしまいました。

まだ体が暑さに慣れていませんが、お天気は待ってはくれません。どうぞ、夏本番の用意を始めてください。

 

みなさまの介護生活は順調でしょうか?

 

喉が渇く前にコップ半分でもいいので水分を摂ってくださいね。

汗を搔いていないように思っても気温が上がれば皮膚から水分が蒸発していつの間にか熱中症になってしまうこともあります。

 

さて、みなさまの中に認知症の方を介護されている方はいらっしゃいますか?

最初はものわすれと思っていたけれどなんだか様子がおかしい。

ようやく専門医に診察をしてもらい認知症と診断されて治療が始まった。でも、まだ初期だし大丈夫。

だからご近所や親せきには話さないでいよう。

 

きっと誰もがそんな風に考えると思います。

自分の両親があるいは兄弟が認知症になってしまった、ということが受け入れられないのは普通のことです。

 

でも、でも、次第に重大なことが次々と起こり、認めざるを得なくなる。

この時に必要なのは、その方のそばにいる方々がどれだけ理解をもって接してくれるかという事です。

怒るのではなく、やさしく、わかりやすく接すること。

その方のペースを乱さず生活をしてもらうことが大切です。

 

そして、介護している方は誰かに悩みを打ち明ける。

こんな時はどうしたらいいのか アドバイスをもらう。

誰かと話をする、誰かと繋がることが終わりの見えない

介護生活には必要です。

いたばし介護者支援サロンはそんな方のためのサロンです。 

 

短い時間でもかまいません。話したくなったら 是非 サロンにいらしてくださいね。

 

お待ちしています。

 

次回サロンのご案内   

714日(土) 14時~17時   

サロンの場所:上板橋駅南口商店街 まもりん坊ハウス(板橋区上板橋 1-26-8)

      東武東上線上板橋駅南口徒歩2分(改札を出て商店街左側です)

参加費:無料

対象:介護に携わっている方・介護に関心のある方。

内容:介護についてゆったりと気楽にお話しながら情報や意見交換します。

(簡単なお茶菓子も用意してあります。)

  • 8月はお休みします(サロンは第二土曜日の14時~17時に開催しています) 
  • 電話やメールでのご相談はいつでも受付します。

 

★お待ちしています!★

問合せは、尾門(いたばし介護者支援サロン代表)

TEL:090-7198-9754

Email : mokamimokami☆yahoo.co.jp

  (☆を@に変えてください)

次回サロンのご案内 6月9日(土)14時~17時

f:id:itabashikaigosyasien:20180528183055j:plain 

梅雨入り間近になってきました。

今年は季節の進むのが早く、すでに紫陽花も咲いているところが多いようです。

みなさまの介護生活は順調でしょうか?

 

雨が降り出すと窓を閉め切りにしてしまい、思いのほか室温が上がることがあります。

 

今年は早めに熱中症対策をやりましょう。

 

日差しが直接部屋に入って、室温が高くなる。

窓を閉め切っている。

夏場でも重ね着をしている。

エアコンや扇風機を嫌がって使わない。

トイレが心配だから水分を控えめにする。

 

当てはまる方の中でめまい、立ちくらみ、大量の汗、頭痛、吐き気、だるさなどの症状を感じたら熱中症を疑ってみましょう。

報道にもあるように自宅での熱中症で救急搬送される例は多いです。

そうならないために温度湿度計を用意して今の室内環境を確認してください。

いつもお話ししているこまめな水分補給をお願いします。

スポーツドリンクや熱中症予防の飴を活用しましょう。

予防することで今年の夏を快適に過ごすようにしましょう。

 

さて、サロンの日が近づいてきました。

みなさまにお会いできることを楽しみにしています。

短い時間でも構いませんのでお出かけください。

お待ちしています。

 

次回サロンのご案内   

69日(土) 14時~17時   

サロンの場所:上板橋駅南口商店街 

       まもりん坊ハウス(板橋区上板橋 1-26-8)

      東武東上線上板橋駅南口徒歩2分

       (改札を出て商店街左側です)

参加費:無料

対象:介護に携わっている方・介護に関心のある方。

内容:介護についてゆったりと気楽にお話しながら情報や意見交換します。

(簡単なお茶菓子も用意してあります。)

 

★お待ちしています!★

問合せは、尾門(いたばし介護者支援サロン代表)

TEL:090-7198-9754

Email : mokamimokami☆yahoo.co.jp

  (☆を@に変えてください)

次回サロンのご案内5月12日(土)14時から17時

f:id:itabashikaigosyasien:20180501214410j:plain 

 

5月になりましたね。

今年はいつもより暑くなるのが早い気がします。

 

みなさまの介護生活は順調でしょうか?

 

日中は25度を超えて初夏のような日差しが照っています。

でもまだまだ朝夕は気温が低くて、何を着たらいいかわからないという声をよく聞きます。

あまり動かずにいる方は寒く感じることが多いので、まだ長袖で過ごす方がいいかと思います。調節ができるように上着をそばに置き着たり脱いだしてくださいね。

 

介護生活が続くと、連休や日曜日など関係なくなってしまいがちですね。

大切なのは通院する日であったり、ディサービスに行く日であったりします。

もちろんどちらも大切ですが、毎月の予定を考える時に、この日はゆっくりする日とか、この日は公園に散歩に出る日とかを組み込んでいただけたらと思います。また、無事に一か月を過ごすことができたら、自分たちへのご褒美として、好きな食べ物を一品食卓に添えるなんていかがでしょうか?

 

知人に毎月月末になると花屋さんに行き、その時にきれいに咲いている花を少し買い求め、部屋の片隅に飾っている方がいます。

その花が次の月の半ばぐらいまで楽しませてくれると嬉しそうに教えてくれました。

みなさまもそんな小さな楽しみを見つけてみませんか?

 

叔父の事を少しお知らせします。

闘病生活も4か月目になりました。

最近は2リットルの酸素チューブが欠かせなくなりました。

日中も傾眠気味で声をかけてもうなずくのみで

言葉がほとんど話せなくなっています。

幸い痛む場所がほとんどないようなので表情は以前のままです。

今日の写真のバラは叔父の家の玄関先に咲いたものです。

久しぶりに家を訪ねたら大きくてきれいな花が咲いていました。

さっそく写真に取って叔父にも見てもらいました。

 

さて、今月のサロンの日が近づいてきました。

短時間でも構いませんので是非いらしてください。

お待ちしています。

 

 

次回サロンのご案内   

5月12日(土) 14時~17時   

サロンの場所:上板橋駅南口商店街 まもりん坊ハウス(板橋区上板橋 1-26-8)

      東武東上線上板橋駅南口徒歩2分(改札を出て商店街左側です)

参加費:無料

対象:介護に携わっている方・介護に関心のある方。

内容:介護についてゆったりと気楽にお話しながら情報や意見交換します。

(簡単なお茶菓子も用意してあります。)

 

★お待ちしています!★

問合せは、尾門(いたばし介護者支援サロン代表)

TEL:090-7198-9754

Email : mokamimokami☆yahoo.co.jp

  (☆を@に変えてください)

次回サロンのご案内 4月14日(土)14時から17時

 f:id:itabashikaigosyasien:20180408094532j:plain

 

 

 

板橋区の花であるニリンソウが見頃です。

赤塚公園やにりんそう公園でかわいらしい姿を見せてくれています。

 

皆さまの介護生活は順調でしょうか?

 

日中は暖房を使うことも少なくなり衣替えもそろそろ始める頃ですね。

寒い寒いと言ってばかりではなく、薄着にしてみて、少しの時間でも構いませんので散歩をしてみませんか?

太陽に当たることで皮膚や骨が強くなります。

散歩に出られない方は窓越しでもいいので太陽に当たってくださいね。

 

4月になりニュースなどでご存知の方も多いと思いますが介護保険でも

一部改訂が行われました。すでにケアマネージャーさんや担当の職員から説明を受けて文書を取り交わした方もいらっしゃるかと思いますが、聞いてもわからないことはもう一度説明をしてもらってください。

 

料金については、平均してほんの少し値上げになっています。

介護保険は後払い請求なので、5月の請求書で金額が明記されます。

利用する立場でしっかりと確認をしましょう。

 

さて、叔父の事をお話しします。最初に入院した病院は急性期医療を行うため、1か月と2週間後に転院をしました。今度は長期療養ができる病院です。

転院当初は雰囲気が違う病院でしたが気に入ってくれてその様子を話してくれていました。しかし、再び肺炎になり、酸素吸入が欠かせなくなくなりました。入院以来食事も水分も口から摂ることはなく鼻腔経管栄養でしたが、また、誤嚥を起こしたそうです。従ってそれも止めて今は中心静脈経管栄養です。鼻の管が外れた時に嫌だったのでよかったと言っていましたが、今度は息苦しさと微熱に悩まされています。

さらにやせてしまいましたが意識はしっかりとしてかすれた声で話してくれます。体力が戻ったら来るリハビリを始めてもらい車いすに乗って自宅に日帰り帰宅をしようと話してはいますが、現実は厳しいです。

2月に介護保険の申請をしてようやく結果がでましたが、要介護5でした。

それまでは独居で自立した生活を送っていたので、インフルエンザが引き金でしたがこうやってあっという間に寝たきり生活になってしまうのです。

 

皆さまも風ぐらいと安易に受け止めず、すぐに治療を始めて重度化しないようにしてくださいね。

 

さて、今月のサロンの日が近づいてきました。

短時間でも構いませんので是非いらしてください。

お待ちしています。

 

次回サロンのご案内   

414日(土) 14時~17時   

サロンの場所:上板橋駅南口商店街 まもりん坊ハウス(板橋区上板橋 1-26-8)

      東武東上線上板橋駅南口徒歩2分(改札を出て商店街左側です)

参加費:無料

対象:介護に携わっている方・介護に関心のある方。

内容:介護についてゆったりと気楽にお話しながら情報や意見交換します。

(簡単なお茶菓子も用意してあります。)

 

★お待ちしています!★

問合せは、尾門(いたばし介護者支援サロン代表)

TEL:090-7198-9754

Email : mokamimokami☆yahoo.co.jp

  (☆を@に変えてください)

 

次回サロンのご案内 3月10日(土)14時から17時

f:id:itabashikaigosyasien:20180225122827j:plain 

 

今日はオリンピックの閉会式が行われます。

毎日熱戦が続き、選手の素晴らしい演技に感動されている方も

多いのではないでしょうか?

いつのもテレビ番組がオリンピック放送になり、不満の声も聞こえていますが

4年に一度の貴重な時間を共有するというのも格別な体験だと思います。

 

皆さまの介護生活は順調でしょうか?

 

本当に寒い日が続く今年の冬、日は長くなったもののまだ、雪の予報もあり、まだインフルエンザは流行中です。

 

引き続き室内の温度・湿度管理に気を付けていただき、規則正しい生活と栄養・睡眠のバランスを取ってくださいね。

 

さて、私事ですが、87歳、独居男性、叔父のことですが、きっかけは発熱、インフルエンザB型と診断されて入院することになりました。

3日間の隔離の後も熱が下がらず、少し前より誤嚥性肺炎の症状が顕著で抗生物質の点滴を始めたものの、炎症反応や、痰、発熱の症状は消えず、口から一口の水も(もちろんとろみ付き)飲むことができなくなり、経鼻経管栄養になりました。薬の効果で炎症反応は下がったものの呑み込めない状態は続いています。

 

医師や看護師からは胃ろう増設を勧められたのです。

 

まさか自分の身内にそんな事態が起こるなんて夢にも思わなかったのでびっくりしました。

もちろん本人は自分の体力(38キロしかありません)や年齢を考えてお断りときっぱりと言います。(認知症はなく、入院はほぼ初めて、毎日散歩をかかさないような人でした)

 

私も同居家族がいないので胃ろうの世話をする人がいないこと(さすがに叔父ができるとは思えません)ので、反対!と思いましたが、看護師さんの説明は、他に病気がなく嚥下機能だけが問題だから、経鼻栄養では到底足りないので胃ろうで栄養を取り、体力を付けていくという方法がベストではないかと言われると、ますます迷ってしまうのです。

 

折衷案として、まずは転院して少しずつ嚥下訓練をして食べることができるようにやってみることになり受け入れ先の病院を探しているところです。

嚥下訓練がうまくいかなかった場合、再び胃ろうを増設するかどうかを検討することになりそうです。口から食べて胃ろう栄養を併用する方もいると聞きました。

 

ただ、胃ろうを作っても自分で管理ができないのでずっと入院、あるいは施設入所という選択肢しかないのが現状なので、本人の意思である“うちに帰りたい”という希望は叶えられそうにありません。

 

私は図書館で本を借りて胃ろうについて勉強しましたが、やっぱり食べられないというのは人生の最後に向かっている生き物の生理機能であることは間違いがなく、医療でそれに逆らうことは自然ではないようです。胃ろうを作っても誤嚥性肺炎になるリスクは残ります。

 

それから、こういう問題が起こった時に叔父の兄弟や、私のような姪、甥のそれぞれの考えが違うため、本当に大変ですが、今のところは本人の意思と回復に期待をして、転院という選択でリハビリを頑張ってもらうことでお見舞いに通いながら励ますということで一致しています。

 

私の知人・友人で胃ろうに詳しい、家族に経験がある方にもご意見を聞きました。

みなさまともサロンで率直はお話ができるといいなと思います。

 

次回サロンのご案内   

310日(土) 14時~17時   

サロンの場所:上板橋駅南口商店街 まもりん坊ハウス(板橋区上板橋 1-26-8)

      東武東上線上板橋駅南口徒歩2分(改札を出て商店街左側です)

参加費:無料

対象:介護に携わっている方・介護に関心のある方。

内容:介護についてゆったりと気楽にお話しながら情報や意見交換します。

(簡単なお茶菓子も用意してあります。)

 

★お待ちしています!★

問合せは、尾門(いたばし介護者支援サロン代表)

TEL:090-7198-9754

Email : mokamimokami☆yahoo.co.jp

  (☆を@に変えてください)